調子がおかしいな、と感じたらうつ病チェックをしてみましょう

貯めるほど症状は悪くなります

早急に対応する

先生

自分がうつ病であるような気がしたら、気軽に利用することができるうつ病の診断サイトを利用して、チェックを行って下さい。その結果、うつ病の可能性があると診断された場合は、症状が軽いうちの対処が肝心です。

READMORE...

ひっそり突然襲う

鬱な人

うつ病かどうかをセルフチェックすることも時には必要かもしれません。初めから病院へ行くのに抵抗がある方はインターネットなどのサイトを利用してうつ病のセルフチェックを行ってみるのも、自分を知るという意味では良いでしょう。

READMORE...

気になるリスト

絶望する人

うつ病を疑うようになったらまずセルフチェックを行ってください。当てはまる項目が多ければ多いほど、うつ状態に陥っているとも言えますから、専門機関へ行き、専門医の正確な診断を受け治療を行うようにしてください。

READMORE...

自分で知る

悩む女性

うつ病は重症化すると、社会復帰できなくなることもあるので、注意が必要です。なるべく早い段階で病院へ行くようにしましょう。ある程度自分で判断してから行きたいと言う人も多いです。その場合は、自己チェックをしてみましょう。

READMORE...

多様な治療方法

悩む金髪の女性

うつ病のセルフチェックは可能ですので、ネットや書籍を参照ください。その上で、必要な治療を受けることが大切です。薬物療法、認知行動療法、カウンセリング療法、電磁療法、他にもたくさんあります。

READMORE...

印刷して用意する

パソコンで簡単に出来るうつ病チェックがこちらにありますので、体や心に違和感を感じたら一度やってみてください。

うつ病のチェックをしよう

悩む先生

ストレス社会に生きる我々にとって、うつ病は以前よりもぐっと身近に迫ってきました。多くの人が、うつ状態、もしくはうつ病を経験する機会が増えたといえるでしょう。 そのような時代を生きる我々にとって、うつ病と正しく向き合うためのスキルは必要不可欠になりつつあります。 うつ病と正しく向き合うためのスキル、それはセルフチェックから、症状の分析、効果的な治療法の確立まで、医師よりも先に、自分で組み立てていくというものです。 うつ病に関しては、医師の診断が必ずしも正しいとは限りません。薬物療法に関しても、カウンセリング療法に関しても、適切な治療をできていない現状が少なからずあったりします。 ゆえに、正しい医師選びよりも先に、セルフチェックを自分で行い状況把握に務めるのも良いでしょう。

おかしいなと思ったら

自分の調子がおかしいなと思ったら、すぐにネットで調べるなり、本を開くなりしてください。可能であれば、その前から、うつ病とその症状について興味をもち、必要なときに必要なことを出来るように、事前にするべきことのチェックリストを作っておくと焦燥感に駆られることもなく安心です。うつ病には明らかに特殊な傾向があります。普段とは違う思考、体調変化、ネガティブ感情、自尊感情の欠如など、それらが前に出てきたら、黄信号だと思ってください。その時点で手を打つのが良いでしょう。必要であれば環境を変えても良いのです。下手に戦っても、勝てないような状況があります。そのようなものに向き合うことは時間の無駄です。自身でどうにもならなくなってからでは、本人も周りも苦しいと感じることでしょう。だからこそ専門医の診察を受けたりする必要が出てくるのです。

うつ病をチェックする方法

うつ病はいろいろなチェックシートがあります。いくつかの学会や団体が出しており、細かな点は異なりますが、どれもチェックするだけで簡単です。これらはインターネットでも行うことが可能です。無料で自分でチェックすることができます。 チェックの結果「うつ病の可能性あり」であっても、すぐにうつ病と診断されるわけではありません。最終的には専門医の診断が必要です。 うつ病の専門は精神科ですが、心療内科や内科、神経内科や脳神経外科でも診断が可能な場合がありますので、事前に問い合わせしてみましょう。 精神科にかかった場合、初めて受診する際には問診などと簡単な血液検査で済むことが多く1回の受診は1万円以下で済みます。他の病気が疑われたり、脳のMRIを行った場合は金額が上がる可能性がありますので、検査前に費用の確認を行いましょう。

受診する際の注意点

うつ病を疑って病院に行く場合、事前にチェック表を使用していれば印刷して持参すると診断の参考になります。また、可能であれば家族が一緒に行きましょう。普段の行動について自分自身ではわかりにくいこともあります。また、うつ病と診断された場合、周りの家族が気をつけることもあります。 うつ病は「こころのカゼ」ともよばれ、だれでもかかる病気ですが、長く放置すると重症化する可能性もあります。またうつ病にはさらに詳細な分類があり、適切な診断と治療は専門医に任せましょう。 うつ病と診断された場合には「自立支援医療」制度の対象になる可能性があります。対象になった場合は通常3割負担になる保険診療が1割負担に下がります。病院の会計で聞いてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加