多様な治療方法

自己チェック可能なうつ病

悩む金髪の女性

ストレス社会を生きる私達にとって、うつ病はとても身近な病気です。うつ病とは、ストレスが積み重なっておこる精神疾患だからです。 そのように身近にあるうつ病は、大きな病気ではないにもかかわらず、こじらせると大事に至るケースがあるので甘くみてはいけないでしょう。 うつ病は、セルフチェックが可能です。セルフチェックの方法は、インターネットや専門書籍を参考にしても良いですし、明らかな心理的または身体的な変化を客観視した上で、問題があれば専門機関に見てもらうことも良いでしょう。 うつ病には、十分な休息をとれば回復するケースと、それでも回復しないケースがあります。前者は問題ないとして、後者の場合は、専門的な治療を必要とします。

専門的な治療について

うつ病の専門的な治療には、色々なものがあります。個人の症状にあわせて、セルフチェックしたり、治療を行うことが大切です。 薬物治療は即時的な効果がありますが、薬への依存度が高まり、簡単にうつ病から抜け出せないような状態に陥る危険性もあります。 認知行動療法は、考え方やものの見方を変えるための療法で、即時的な効果は見られませんが、長い目で見れば再発防止に効果を発揮するだけではなく、これからの人生においても役立つことでしょう。 他にも、カウンセリング療法や、電磁療法など様々なものがありますが、症状にあわせて治療を選択するのが良いでしょう。自分で選ぶのが難しい場合は、家族の力も借りてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加