気になるリスト

うつ病の診断

絶望する人

国内で約13人に1人はうつ病にかかるといわれている時代でもあります。ここまでうつ病が多いのにも関わらず、治療を行う人は4人に1人言われています。残りは治療を受けずに、自分自身が本当にうつ病なのかも自覚をせずに過ごしているという事実もあります。うつ病の簡易的なチェックシートなどもありますから、自分の思考がおかしいと思った時には試しにチェックしてみるのも良いでしょう。自分を知ることも治療のきっかけになるはずです。うつ病だからと言って引け目を感じることはありません。しっかりと治療を行う事で正常な思考を取り戻すことが出来るからです。うつ病にかかるとうつ状態から抜け出すのは困難ですから、必ず治療を受けましょう。

心のサインを見逃さない

うつ病は心が発しているサインでもあります。そのサインを見逃さないようにしましょう。精神的な変化が大きい病気なのですが、肉体や見た目の変化はそこまで現れないので、まわりからうつ病だと思われることはないかもしれません。そのギャップがまた自分を苦しめることにもなってしまいますので、うつ病かなと思うようになったらセルフチェックなどをまず行ってみましょう。うつの症状に多く当てはまるなら危険な状態でもありますから、専門機関での治療が必須になります。もちろんセルフチェックだけでは正確な判定は出来ませんから、専門医の診断が必要になります。診断が下ると本格的な治療が開始されますから、長い目でみて治療を行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加